2012年7月10日火曜日

No.192 7月10日(火)もう一つの大岡川

都市には必ず川の歴史があり氾濫と治水の歴史でもあります。
1976年(昭和51年)7月10日(土)の今日は、大岡川治水工事の一貫として完成した「大岡川分水路」(全長3,640m)の通水を開始した日です。(笹下川から根岸湾まで)

大岡川は、港南区の丘陵地に水源を持ち、南区、中区の密集市街地を流れ横浜港内に注ぐ全長約15kmの都市河川(2級)です。江戸時代から埋立てや治水を通して流域の人々とともに歩んできました。

No.187 7月5日(木) 目で見る運河
http://tadkawakita.sakura.ne.jp/db/?p=420

No.435 大岡川物語(1)
http://tadkawakita.sakura.ne.jp/db/?p=136

【番外編】(ざくっと横浜その1)村は川に沿って生まれる
http://tadkawakita.sakura.ne.jp/db/?p=360

No.378 1月12日(土)川辺の横浜
http://tadkawakita.sakura.ne.jp/db/?p=205

No.321 11月16日(金)吉田くんちの勘兵衛さん
http://tadkawakita.sakura.ne.jp/db/?p=272

No.214 8月1日 (水)開港場を支えた派川工事
http://tadkawakita.sakura.ne.jp/db/?p=393


幕末開港後、急激に都市化が進むにつれて横浜は大岡川の氾濫による水害の歴史を歩むことになります。下流の横浜中心部を守るために、ここから地下トンネルで磯子地区に水を逃がし、出口から根岸湾までを水路で通過させる計画が大岡川分水路です。大岡川の治水対策として立案され、昭和44年を初年度に7カ年計画が立てられました。
笹下川取水口
笹下川取水口
磯子区側出口
磯子区側出口あたりの航空写真
(追記)
再度確認したら意外なことに気がつきました。笹下の分水路はなんと地下二階建てでした。地下一階は日野川から分かれた流れが根岸湾に、地下一階の笹下川の水量がある一定量増水すると分水路に放流される構造になっていました。60億かかったという金額に少し疑惑をもっていたんですが、なるほどと妙になっとく。(20120711追記)
この下に左から右に流れる日野川分水路が通っています。
大岡川は、運河の歴史でもあります。江戸から明治にかけて掘割川、中村川の工事は、大岡川の氾濫を抑制するためのものでした。この大岡川分水路は、昭和40年代の急激な横浜市の人口膨張に備えて実施された計画です。横浜市は戦後、特に30年代から郊外部の宅地化が進みました。

特に大岡川上流域(港南区)の人口推移は、下記の通りです。
昭和    人口  密度
 44年 95,545 4,877
 45年 104,426 5,331
  46年 112,568 5,746
  47年 119,606 6,105
  48年 123,638 6,254
  49年 135,585 6,858
  50年 151,682 7,672
  51年 164,845 8,321 
  52年 173,293 8,757
  53年 179,714 9,081
  54年 184,142 9,305
 55年 185,713 9,384
 56年 188,838 9,504
 57年 191,377 9,631
  58年 195,830 9,856
住宅地の拡大は、地域の緑被率を低下させ、降雨水、生活水が直接河川に流れ込み急激な増水の危険性が高まります。
特に下流域への影響は深刻で、集中豪雨のときに海抜の低い“お三の宮付近(横浜市南区)”あたりで、大洪水が起る危険を残していました。大岡川下流域は住宅や工場が密集しているため、河川の拡幅工事には巨額な事業費と時間が必要となります。
そこで計画されたのが、大岡川分水路の建設でした。
横浜市には、二つの分水路があります。
大岡川分水路と帷子川分水路がありますが、対照的な分水路の姿を持っています。帷子川分水路は全長6,610mの殆どが地下トンネルで構成されているのに対し、大岡川分水路は磯子区地域で一部運河の雰囲気を楽しむことができます。
(大岡川分水路河畔プロムナード)
春には根岸湾まで続く桜並木がいっせいに咲き、美しい彩りを見せてくれます。川から海への桜プロムナードを花見の季節に一度は訪れてみることをおすすめします。

大岡川分水路が流れ込む“根岸湾”は、
磯子の丘陵地帯を背にしていたため幕末まで禅馬川や杉田川などの小規模な川しかありませんでした。
地名が示すように屏風のような急な断崖の多い湾で狭い砂浜が続く風光明媚な漁村でした。現在は全て埋め立てられ工場が立ち並んでいるため当時を想像するしかありません。
(余談)
ペリーもマッカーサーもこの“根岸湾”の景色をかなり気に入ったようで、勝手に「ミシシッピーベイ」などと名付けました。このエピソードも別の機会に紹介します。
***************************************
現在は下記のサイトに移行中です。
http://tadkawakita.sakura.ne.jp/db/

0 件のコメント:

コメントを投稿