2012年11月29日木曜日

No.334 11月29日(木)歌の横浜

横浜のPR、イメージアップにつながった歌は多くあります。
1976年(昭和51年)11月29日(月)荒井由実と松任谷正隆が横浜山手教会で結婚で、横浜は一気にイメージアップにつながりました。

横浜の歌といえば、ブルーライトヨコハマ・伊勢佐木町ブルースという1968年ヒットで不動の位置を示しましたが、この次の世代が「横浜」を口ずさんだのは荒井由実の「海を見ていた午後」ではないでしょうか。山手の「ドルフィン」はこの1曲で、一躍全国に知られるようになりました。

荒井由実〜海を見ていた午後〜
http://www.youtube.com/watch?v=hb8GK-f3b_s

ハイファイセット cover
http://www.youtube.com/watch?v=SPPgMvKJPFY

その後2007年に甲斐名都、2009年に沢田知可子がカバーしています。
荒井由実と松任谷正隆両人の結婚は、“絵に描いたような”理想的結婚です。共にセレブな家系で、本人も才能に恵まれた同志の結婚は「嫉妬」を通り越す世紀のカップルとなります。
この二人が作り出した世界の「経済効果」は80年代以降の日本経済にどれほどの効果をもたらしたでしょうか?

2月14日 バレンタインにふさわしい素敵なニュース
http://tadkawakita.blogspot.jp/2012/02/214.html

(勝手セレクト 歌のヨコハマ)
ヨコハマソングは、まず幕末から始まります。
■野毛山節です。
■横浜市歌1909年(明治42年)
■赤い靴1921年(大正10年)※作詞野口雨情、作曲本居長世
■かもめの水兵さん1937年(昭和12年)
※No.330 11月25日(日)鴎が似合う町
 http://tadkawakita.blogspot.jp/2012/11/no3301125.html
■別れのブルース1937年(昭和12年)
 ※淡谷のり子のヒット曲で原題は「本牧ブルース」
■港の見える丘(平野愛子)1947年(昭和22年)
 ※No.129 5月8日 ヒット曲の公園
 http://tadkawakita.blogspot.jp/2012/05/no12958.html
■悲しき口笛(美空ひばり)1949年(昭和24年)
■夜霧の第二国道(フランク永井)1957年(昭和32年)
■マリン・タワーで逢いましょう(田代京子)1960年(昭和35年)
 ※こんな歌があったんですね。
■伊勢佐木町ブルース(青江三奈)1968年(昭和43年)
■ブルーライトヨコハマ(いしだあゆみ)1969年(昭和44年)
■よこはまたそがれ(五木ひろし)1971年(昭和46年)
■港のヨーコヨコハマヨコスカ(ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)1975年(昭和50年)
■いま目覚めた子供のように(山口百恵)1976年(昭和51年)
■港町十三番地(美空ひばり)1977年(昭和52年)
■FENCEの向うのアメリカ(柳ジョージ)1979年(昭和54年)
■YOKOHAMAHONKYTONKBLUES(松田優作)1980年(昭和55年)
■横浜ホンキートンクブルース(エディ藩)1981年(昭和56年)
■恋人も濡れる街角(中村雅俊)1982年(昭和57年)
■横浜シティブルース(デイブ平尾)1983年(昭和58年)
■横浜Lady Blues(原由子)1983年(昭和58年)
■メリケン情緒は涙のカラー(サザンオールスターズ)1984年(昭和59年)
http://www.youtube.com/watch?v=BD5Z0jJlftY
■マリンタワーの見える街(伊勢正三)1990年(平成2年)
http://www.youtube.com/watch?v=Kqzk0VbhDNs
■Crazy Rendezvous(B'z)1991年(平成3年)
http://www.youtube.com/watch?v=IXC7GQxWIiM
■いいね!横浜G30(クレイジーケンバンド)2004年(平成16年)
http://www.youtube.com/watch?v=b90x8wznsQQ
http://www.youtube.com/watch?v=x8CC4Iuyj2c
■桜木町(ゆず)2004年(平成16年)
http://www.youtube.com/watch?v=xvvIOcSxdhY
http://www.youtube.com/watch?v=bL5RoqMkIi4
■戸塚区のうた(白井ヴィンセント)2006年(平成18年)
http://www.youtube.com/watch?v=2R_xZ8JQE30
他に旭区、泉区、青葉区なんてのもあります。

0 件のコメント:

コメントを投稿