2013年2月10日日曜日

No.403 スポチャン

スポーツチャンバラというスポーツがあります。
ご存知でしたか?エアーソフトの剣とアクリル製の防具によって安全性を確保したチャンバラですが、スポーツとしてルール化され国際大会もある競技です。
今日はこのスポーツチャンバラ、略してスポチャンを紹介しましょう。

まずは映像からスポチャンをイメージしてください。

Sports Chanbara -free battle/スポーツチャンバラ 練習映像
http://www.youtube.com/watch?v=g8UV3OD_DkQ

2012年スポーツチャンバラ世界大会二段長剣フリーハイライト
http://www.youtube.com/watch?v=4WWsRLqmgh0

■ルールを簡単に紹介しましょう。
まず試合用コートですが、6〜9メートル四方の正方形です。
試合時間は1分間で1本勝負(又は、3本勝負)延長が30秒間。
決勝戦といった特別な場合は3分3本勝負の場合もあります。
相打ちは、両者敗けとなりますが3本勝負の場合は、相方が1本づつ取ったことになり1本勝負として試合を行います。
剣が相手に触れれば一本ですが、一回だけ「かばい手」が許されます。
詳しくは
http://www.internationalsportschanbara.net/jp/

このスポーツチャンバラは、1969年に田邊哲人氏によって横浜で始められた新しい競技です。
ブンタイ「横浜文化体育館」で生まれ育った横浜発のスポーツです。

No.132 5月11日 熱く燃えて半世紀
http://tadkawakita.blogspot.jp/2012/05/no132511.html


創始者の田邊哲人さんは、
子供の頃に棒切れを持って、村の神社の境内や野山を駆けめぐって遊んだチャンバラごっこを、健康で安全なスポーツにできないか?と考え始められましたが、
当初はガードマンの護身技術向上を目的に始まったものだそうです。
次第に裾野も広がり、現在では小学生からお年寄りまで幅広い競技人口の健康スポーツに育っています。
2011年(平成23年)時点で、世界選手権大会は第37回を迎えました。
イタリア、ロシア、韓国、フランス、ドイツ、エストニア等、海外の支部活動も盛んにおこなわれています。
時々初心者用のイベントも開催されます。
田邊哲人コレクション
スポチャン創始者の田邊氏は真葛香山研究の第一人者でもありその数は3,000点に及びます。
コレクションの一部は、神奈川県立歴史博物館 常設展示室2階「真葛焼」に展示公開されていでいつでも見ることが出来ます。
http://www.tanabetetsuhito-collection.jp/index.html

0 件のコメント:

コメントを投稿