2013年7月5日金曜日

No.457 ザンギリ野毛

野毛界隈。
酔いにまかせて彷徨うと、床屋が多い?!
やたら床屋(理容院)のサインポールが目に入ります。
気のせいか?酔いのせいか?それとも真実か?
ちょっと調べてみました。
野毛界隈で、果たして何店床屋(理容室)はあるのでしょうか?
調査結果をお知らせする前に、横浜の床屋についてのエピソードを少々ご紹介しましょう。
No.80 3月20日 西洋理容発祥の地、横浜
http://tadkawakita.blogspot.jp/2012/03/320.html
1873年(明治6年)3月20日、
明治天皇は自ら範を示すということで断髪します。
これによって一気に「床屋」(理容室)が時の職業になっていきます。
横浜開港資料館発行「もののはじめ考」(第3版)によると
開港早々1864年(元治元年)横浜ホテルに外国人の理容師が開業した記事が掲載されているそうです。
日本人による理容室開業については中々誰が“はじめて”かどうか判っていません。
諸説あるようです。
少なくとも 開港した横浜港に入港する外国船向けに西洋理髪師を見習った日本人が散髪業を始めたのは自然の成り行きです。
日本人の間に「西洋理髪」が定着していくのは、
No.80 3月20日 西洋理容発祥の地、横浜
で紹介したように、法令で断髪令が施行されてからのことです。

「市史稿」では、
桜木町に「西洋髪苅所」を富岡浅次郎という人物が開業し
「理髪業の嚆矢」とする説に触れています。
この説に従えば???????
桜木町=野毛界隈に理髪業が多いのも?
野毛界隈に理髪業が目立つ理由は、
「場外馬券場」があるからでしょう。
縁起かつぎや、負け癖を切る!という理由から競馬人は床屋が好きだとか?
だから野毛界隈に「理髪店」が多いんですね。

(野毛界隈の理髪店)
完全ではないかもしれませんが
野毛界隈に理髪店は12店ありました。
以前営業していた店を1店知っていますので
13店も集中していたことになります。
範囲は JR線より内陸、大岡川、京急、紅葉坂に挟まれたエリアを
野毛界隈としました。
 価格もバラバラです。
 ここにさらに「美容院」が最近次々と開店しています。
 野毛は現在 整髪激戦区となっているようです。

(余談 理容室は何時休み?)
理容業はを独占禁止法の例外業種に指定され、理髪店の業界団体である全国理容生活衛生同業組合連合会が、1996年ごろまで都道府県単位で定休日や営業時間などの基準を決めていました。最近は拘束されること無く自由な営業形態になっています。横浜は火曜日定休が多いのでは?
***************************************
現在は下記のサイトに移行中です。
http://tadkawakita.sakura.ne.jp/db/

2 件のコメント:

  1. いつも感心しながら読ませていただいております。ありがとうございます。
    最初の一ページ目から追いかけ始めて、このページまで追いつくのに、2カ月かかりました(笑) いやぁ、ものすごい情報量だなと改めて思いました。
    なかでも、開港場、野毛、横浜道のコンテンツが大好きです。
    昨年のようにムリをなさらず、ゆっくりとしたペースでいいので、これからも続けていただけると嬉しいです!!

    返信削除
  2. コメントありがとうございます。昨年一年は、ひたすらネタ探し中心でした。今年は少しゆったりネタ探ししながら広く横浜を見つめていますが、知れば知る程昨年のような無茶原稿が書けなくなってしまい、恐怖との闘いです?!
    間もなく500話となりますが 一つのバージョン変更の節目にするべく模索中です。精進!します。

    返信削除